2008年9月5日金曜日

サミっち再び病院へ

これは、昨日の話です。
(今回はちょっと長くなりますが、記録のために詳しく書きます)


ウチに来てすぐに下痢になって、病院へ行ったサミっち。
その時は、注射を打ってもらって薬を処方され、翌日くらいからすぐにウンチは固まってきました。

それから、ずーっと、「がっちゃんに比べたら、ちょっとだけ軟便かなぁ」という状態が続いていましたが、元気も食欲もあるし、大して気にしていませんでした。
「子猫の便って、こんなもんなのかな」なんて、勝手に考えたりして(今思えば、勝手な思い込みに激しく反省)、“様子見”状態が続いてました。
(あと、たまにくしゃみもしていましたが、がっちゃんもくしゃみは珍しくないので、こちらも大して気にしていませんでした。)

が、サミっちは2度目のワクチンがまだだったのです。
ご存知のとおり子猫は、1度目のワクチンの後、1ヵ月後くらいには2度目のワクチンを打つ必要があります。
サミっちは、1度目のワクチンは保護主さんのもとで打ってもらっていたのですが、2度目のワクチンは、ウチに来た後下痢になったため「下痢が治って健康になってから」と保留されたままだったのでした。

そこで、軽い気持ちで獣医さんに電話。
「先住猫に比べてちょっとだけ軟便という状態が続いてるんですけど、ワクチン打っても大丈夫でしょうか?」と。
そしたら、「もう一度、便持参で診察を受けにきてください。子猫の便が成猫に比べてやわらかいということはありません。ワクチンはやはり、健康なときに打ちましょう」と言われてしまいました。


まだ、キャリーの怖さ(?)を知らないサミっち。自分から入ってみる。


翌朝、運よく便がとれたので、急いで病院へ。

相変わらず腸内細菌のバランスが乱れてて、首のリンパ節も少し腫れてる(全身のリンパが腫れてるわけではない)。口の中は異常なし。
体重は1.75kgに増えていました(前回は1.45kg)。

そこで「猫コロナウィルス」に感染してる“可能性”がある、との診断(もちろん、単なるストレスの可能性も)。

ということで、採血してもらって検査することに。→ 結果は5日後くらいに判明。

(同時に「猫エイズ・白血病」の検査もしてもらうことに。← これらは、保護主さんのもとで既に検査済みで「陰性」でしたが、生後4ヶ月未満の子猫に検査をしても「猫エイズ・白血病」を検出できる割合は60%程度とされているため、“ついでに” “念のため”です)

「猫コロナウィルス」は、実は猫の半数くらいが感染してて、たいていの場合、感染しても猫の体に何か悪さをするようなものではないらしい。
ただ、ウイルスの影響で軟便に悩まされる子もいるし、低いパーセンテージではあるものの、「猫コロナウイルス」が「FIPウイルス」に突然変異して「FIP(猫伝染性腹膜炎)」という、とても致死率の高い病気を発症してしまう子もいるらしい。

がっちゃんも、もしかしたら抗体を持ってるかもしれないとのこと(サミっちが陽性だったら、がっちゃんも血液検査をする)。

でも、もしがっちゃんが感染してない場合、重要なのは消毒。市販の消臭・除菌スプレーでは不十分ということで、病院でも使用してるものを購入することに。

エサも、消化の良い療法食を購入することに。
それと内服薬は、下痢止め&抗生剤(前回と同じ)、プラス整腸剤。


血液検査の結果がでるまで、もしくは結果が出て、サミっちが陽性・がっちゃんが陰性だった場合、飲み水を共有するのも良くないということで…
せっかくサミっちをケージから出す時間が長くなってきて「いつ完全フリーにする?」なんて夫と話してたのに… うーん…

今はとにかく、陰性であることを祈るのみ。
たとえ陽性であっても「FIP(猫伝染性腹膜炎)」にかかる可能性は、ごくわずか。
難病と戦ってる猫さんも少なくないんだもの。これくらいでメゲてられない。強くならなきゃ!

↓「医療費メモ」始めました(どこかのブログで見かけたもののパクリ)。しかし、今回は高い!!(仕方ないけど…)


【 医療費メモ 】
・再診料 --- ¥525
・血液検査 猫ウィルス検査3種類 --- ¥10,500
・内服薬(下痢止め&抗生剤)(7日分) --- ¥2,205
・内服薬(整腸剤)(7日分) --- ¥1,470
・バイオウィル(除菌・消臭剤) --- ¥1,890
・i/d 500g(療法食) --- ¥1,334
合計 = ¥17,924



■■ランキング参加中。応援してもらえると嬉しいです■■
↓「MIXサビ猫」追加しました! ↓ どちらかお好きなほうを!
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へにほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
こちらも、よろしくお願いします ↓ それぞれ、1日1クリック有効
人気ブログランキングへ
■■ ありがとうございました ■■


****************************
川崎市にお住まいの、がんさんと、奥様のsirubaと猫さん
白猫の「ヒカル君」を探しています。
目撃情報などありましたら、ぜひご連絡差し上げてください。

「ヒカル君」の写真や、詳しい場所に関しては
こちらのページ(がんさんのブログ)を参照してください。


****************************
千葉県習志野市新栄」付近で迷子になった猫
「小梅」ちゃんを探してらっしゃる方がいます。
目撃情報、もしくは捜索のご協力をして頂ける方、
↓コチラへご連絡お願いします
迷子の小梅を探してます

6 件のコメント:

萬田らむね さんのコメント...

あらら~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
ようやく慣れてきた頃なのに…。
検査の結果がいいものでありますように。
うちもみつこが来てから検査をするまでの間、
(小さ過ぎて検査ができなかった)
他の子たちと一緒に過ごさせてしまい、
後になってもし、病気だったら…
急に心配になりました。
幸い問題なかったので良かったのですが。
サミちゃんの結果がいいものでありますように。

しまねこ さんのコメント...

お疲れ様です。
サミッち、心配ですね。がっちゃんも。
本当に、結果の良いことをお祈りします。

知人(と言ってもNN友…ネット上のネコ友)が子猫を保護したら、
まさにパルボだったのです。
先住さんも居て、ひと月以上隔離しながら
その方は頑張りました。
「(多分マイナスの意味で)覚悟して下さい」と病院で言われたのに
「おお!絶対直してずっと飼うっていう覚悟を決めたぞ!」と
却って強く決意され、
今月からめでたく先住さんと合流して生活するまでの運びとなりました。

飼い主さんの愛情のたまものだと思います。
(勿論、子猫も頑張りました!)

サミッち、てくこさん、頑張って!
(がっちゃん、頑張らないで済みますように)

猫村ししろ さんのコメント...

恥ずかしながら猫コロナウィルスを知りませんでした・・・
せっかくがっちゃんとさみっちの距離が縮むと思ったのに 。・゚゚(ノД`)

我が家のカメも来た当初は寄生虫がいて、しばらく病院に通って、また水槽は毎日洗い、定期的に殺菌していました。
そのおかげか寄生虫はいなくなりました。

さみっちも長いかもしれないけど、頑張ればきっと報われます。
途中つらいかもしれないけど、てくこさん、さみっち頑張って!

らいか さんのコメント...

心配ですね。
小さいコは病気の急変もあるから気が抜けないですね。
それに多頭だと感染リスクも・・・
まずは、検査結果待ち、ですか。
でも待ってる時間が一番気を揉むんですよね。
お察しします。
サミちゃん、頑張れ!
みんなついてるよ!

あー さんのコメント...

そうだったんですね~。。。
検査結果が出るまで心配ですね。。
でもコロナもエイズも、
他の猫に100%感染するものではないし、
必ずしも発症するものでもないから
もしコロナだとしても
飼い主はいろいろ気をつけることが多くて大変でしょうが、
きっと大丈夫です!
リスクは大きくなりますが、
サミちゃんに対する愛情は変わらないですものね。
良い結果でありますように・・・。

「てくこ」 さんのコメント...

【コメントありがとうごさいます】
----------
≫萬田らむね さん

暖かいお言葉、ありがとうございます。
今は結果を待つことしかできませんから、まぁ、あれこれ考えても仕方ありません。

>サミちゃんの結果がいいものでありますように。
ありがとうございます!

----------
≫しまねこ さん

まぁ!そういう例を聞くと勇気が出ますね。

>サミッち、てくこさん、頑張って!
ありがとうございます!と言っても、今は薬を与えながら、後は検査の結果を待つことしかできないのですが…

----------
≫猫村ししろ さん

応援ありがとうございます!
今は特に頑張れることはないのですが、結果が良いものであるように一緒に祈ってくれると嬉しいです。

----------
≫らいか さん

>多頭だと感染リスクも・・・
そうなんですよね… 一番恐れていることです。
でも、サミっちはもう、れっきとした家族なので、出来る限り冷静に対処していきたいと思います。

>みんなついてるよ!
ありがとうございます!

----------
≫あー さん

>でもコロナもエイズも、
>他の猫に100%感染するものではないし、
>必ずしも発症するものでもないから
そうですね。正しい知識を身につけて、必要以上に恐れないようにしたいと思います。

>サミちゃんに対する愛情は変わらないですものね。
もちろんです! もう我が子ですから!